7月11日(金)午後7時~9時、名取市増田西公民館

パートナーシップなとりは、NPOや市民活動団体、コミュニティ組織などの活動を支援し地域の活性化に取り組んでいます。その支援活動の一つとして「市民活動講座」を開催し、市民団体の活動に役立つ情報を提供していきます。

第一回市民活動講座では、「分野を超えて子育てを考える」をテーマに、市民活動団体が分野を超えてどのように子育てに関われるかを取り上げました。

講師は名取市で子育て支援活動に取り組んでいるNPO法人子育て応援団ひよこ理事長の齋藤勇介さんです。

地域が抱えている子育て問題として、地域とのつながりの希薄化や核家族化が進み、子育て環境の変化で母親の負担が大きくなっているとの現状説明がありました。インターネットなどから情報を得て知識はあるのだが、経験が乏しいために育児の仕方が分からなくて悩む親が増えている深刻な事情です。

こうした問題に対して齋藤さんの団体では、子育てを取り巻く環境作りが大切であるとして、親子で安らげるような子育てサロンを提供したり、育児講座を開催、学生ボランティア育成支援、地域交流会などを開催して、地域ぐるみで子育てを見守ることのできるような環境づくりに取り組んでいます。

子育ての問題について大切なことは、支援を行政にお願いするだけではなく、地域全体で育む子育ての輪をつないでいく必要があると、齋藤さんは最後に述べていました。

講演の後、講師を囲んで交流会がおこなわれ、情報交換をおこないました。

*齋藤勇介さんはNPO法人パートナーシップ名取の理事でもあります。

市民活動講座の写真

増田西公民館での講座

講師の齋藤勇介さん

講師の齋藤勇介さん